カラコンがどれほどもつかはお手入れ次第なところもあります

つけるだけでおしゃれに、可愛く見えるカラコン。
私も挑戦してみたいとは思っていましたが、お手入れが大変なのではないかとなかなか挑戦できずにいました。
しかし、面倒くさがりで不器用な私でも本当に簡単にお手入れができました。
一本でカラコンの洗浄にも保存にも使用できる液を使えばとても楽ちんです。
カラコンを外したら手のひらにのせ、液を数滴垂らして指先でそっとこすり洗いをし、同じ液で汚れをすすぎます。
その後液で満たしたケースに入れ、数時間漬けておくだけです。
こんなに簡単だとは思いませんでした。
これなら毎日忙しくクタクタで家に帰ってくる私でも、きちんとお手入れをして清潔にカラコンを使えそうです。
もっとたくさん色んな手順があって、お手入れはすごく大変なものだと思っていました。
ケア用品はどこのドラッグストアにも置いてありますし、1000円ほどの安価で購入できます。
どんな不器用な人でも慣れてしまえばとても簡単ですし、家に帰ってからのほんの5分くらいでお手入れは終わります。
お手入れが大変そうだという理由でカラコンに挑戦できずにいるならとても勿体ないです。
こんなに簡単にお手入れができることをもっと早くに知っていたらよかったと思いました。

やはりこういった日々のお手入れの方法、丁寧さ、正確さ、そういったことにより、実際に使用できる期間に違いはでます。
1年使用が3ヶ月で使えなくなることもあります。
しかし、いくら丁寧にケアしても、1ヶ月使用のもはそれ以上は使ってはいけません。
これは絶対守らなければいけない決まりごとと覚えておきましょう。

では値段によってカラコンの品質はどれくらい変わるのでしょうか。
カラコン500円以下ともなると、数は限られますが、売ってるのは間違いないです。
ただ、そういうサイトでも、もっと高いものも売られていますから、何か違いがあってその値段の違いが生み出されているものと思います。
当サイトでは、その辺のどういう違いがあって値段に差があるのか調べていこうと思います。
考えられるのは、製造コストの違いかと思いますが、それが直接どこまで品質に違いがあるのかをまず知りたいです。

関連記事

安いけど安定した人気のカラコンをリサーチ中

500円あればカラコンが買えると思ってましたが、実は送料もあわせるともっと高くなることも判明しました

なぜ眉毛と黒目がメイクのおいて大事なのか?

過去には複数のサプリを同時に飲むことも珍しくありませんでしたが、今一つ選ぶとすると酵素サプリかなと思

PAGE TOP ↑